夢を叶えるためにお金をうまく利用する

今の自分の生活に満足していないという方は何故満足していないのでしょうかという質問に対して半分以上の方が「お金がないから」という答えを出しています。自分がやりたいことをやるためにお金を稼いでいるにも関わらず、仕事によって時間を消費しやりたいことが出来ないという悪循環に陥っているからです。


●消費者金融でのお金調達目的

自分がやりたいことをやるためにお金を稼ぐという目的のもとモチベーションを維持するのはとても良いことですが、それが長期間に渡ると人は飽きが来たりやる気が落ちたりして目的に向かう力を減らしてしまいます。
そこでおすすめの方法が小さい目標を達成するためにお金を借りるということです。大きな目的を一気に達成すると息巻いてもそれを持続することは難しいですし尚且つ時間がかかるため飽きやすくなってしまいます。大きな目的の前に小さい目標を持ってそれを細かく達成していくと、自分がきちんと前進出来ていると実感することも可能になります。


●実感することで目的にも手が届く

人が夢を諦めてしまう理由の一つに途中で無理だと実感するということがあげられます。時間と金をかけても結局達成出来なさそうだと自分で限界を決めてしまうのです。もしかしたらあと少しなのかもしれないのに諦めるとはなんと勿体ないことでしょうか。

多少無理をしてでも自分の小さな目標を達成することで大きな目的を射落とす力を借りることが出来ます。自分の夢を叶えるためにもしっかりお金を利用して大きな目的と小さな目標を使い分けましょう。

お金とギャンブルの関係性について

ギャンブルに行く方の中にはただ遊べる金額の範囲で楽しむという方もいますが、お金がないから稼ぎに行くと言う方もいらっしゃいます。では実際にギャンブルでお金を稼ぐことは出来るのでしょうか。


●博打は勝ち負けだけを楽しむもの

ギャンブルに行く前に消費者金融に立ち寄りお金を借りるという方が知り合いにいます。仕事はバイトだけで足りない部分は親からの仕送りで賄っているという20代の男性です。まだ若い世代なのですから本気で就職活動をすれば就職出来るはずですが、自分で稼ぐことは面倒だしギャンブルで一発当てれば借金完済どころか豪邸を建てられると豪語しております。しかしそれはただ現実から目を背けて夢だけを追いかけているにすぎません。
実際に彼が大きな勝ちを得たところは一度も見たことがありませんし、細かい数千円単位の勝ちを大きな勝ちの前触れだと言い切っているという現状です。


●お金はしっかり返済しましょう

会社員ではなくアルバイトだという方でも借りることが出来る消費者金融はどんどん増えているため、彼のように借りた金をギャンブルで消していく方もどんどん増えています。しかしこの状況は消費者金融が悪い訳ではなくギャンブルに対する学びが足りない環境のせいなのです。

借りたお金を返済するために今日も彼はギャンブルをしに行くようですが果たして完済する日は来るのでしょうか。お金はギャンブルという存在で汚れた印象を受けることになってしまったのかもしれません。

お金を作り出す生活を手に入れる

お金を手に入れるためには自分が汗水垂らして働き稼ぐか、消費者金融で手軽に借りるかギャンブルに勝つかということしか方法がありません。この三つの方法の内一番手堅いのはやはり自分で稼ぐという方法ですが、消費者金融でお金を借りるというのも結局は自分で返済をすることになるため稼ぐということに変わりはありません。


●今後稼ぐためにお金を使う

就活難民という言葉すら生まれてしまうくらい現代はアヤトリの紐のような複雑さで見事に絡み合っています。働き手が欲しい企業は沢山あるのに人が来ず、逆に就職先が見つからないからといって自ら命を絶つという方まで現れてしまうという矛盾。そのような中でしっかりと自分の就職先を探すのは至難の業とも言えます。
就活にはお金がとても必要で、履歴書や面接用のスーツ・カバンに交通費など経費がかかります。交通費は就職先が決まるまでずっとかかる経費になるためとても厄介です。こういった時には稼ぐことだけを考えず借りるという選択肢を選ぶ方法もあります。


●手堅く一歩ずつ前に踏み出すことが大切

これから働いて金を稼ぐために借りるのですから何も悪いことではないのです。金がないからと言って何もせずただうずくまっているより、今後のためにきちんと土台を作るべく借りるお金はそれこそ必要経費です。
一歩ずつ自分の足で歩くために必要なものは何でも利用し、お金を自分で作り出す生活を目指しましょう。

お金とは何かについて

お金はもとから自然の中にあった訳ではない価値観です。動物たちは金を持っていないのに生きられるということに対し人間は金がないと生きることが出来ないと言う程、このお金に命を縛られていると言っても過言ではありません。


●人間は楽を手に入れるためにお金を作った

人間は等価交換をもっと手軽で簡単なものにするために金を作りました。
田畑を持っていて野菜は作れるが動物を狩ることが出来ないという人間は、昔直接野菜を持ち歩いて肉と交換をしてもらっていました。魚を釣ることは出来るけど家を作ることが出来ないという人間も、家を作ってもらう代わりに魚を釣って届けていたのです。しかし自分が交換したいものを常に持ち歩くとなると鮮度が悪くなったり季節によって育たなかったりなど色々と悪い条件が重なります。そこで自分が持っているものと同じ価値を持つお金を作りその金を欲しいものと交換することで、後からそのお金をまた別のものに交換出来るという仕組みを作ったのです。


●本能の向かう方向について

人間が金を手に入れることに対して執着心を抱く心理には色々なものがありますが、一番大きな理由は命にかかわるからということです。金で住む場所を得て金で食べ物を得る人間にとって、金という存在はとても重要で大切なものになっています。

お金を借りるまでして金に対して執着する人間はがめついという印象が一般的になっていますが、それは生きるという本能に忠実であるとも言えるのです。